ウトロの秘瀑 三段の滝

世界遺産知床の中でもダントツに賑やかなウトロ地区。大型ホテルが林立し、ツアー客をのせた観光バスが行き交います。そんなウトロ地区の入口に隠れた秘瀑があります。それが三段の滝。

ウトロ地区の滝といえばオシンコシンの滝が有名で、大型バスなどで駐車場が埋め尽くされるほどの人気ぶりです。

そんなオシンコシンの滝に対して「訪れる人はまずいない」「滝ファンが寄るくらい」(ウトロ地区のホテル支配人の話)というのが、目ざす三段の滝です。

秘瀑というものの、アプローチは至って簡単。女満別・網走方面からのアプローチならオシンコシンの滝を鑑賞後、オシンコシントンネルでオシンコシン崎を抜け、最初に渡る小川の脇の駐車スペースに車を入れればOK。

ウトロ市街からならチャシコツ崎をトンネルでかわし、弁財崎のシェルターを抜けた先、ものの数分の距離です。
オショコマナイ川の海岸段丘に懸かる滝で、落差は15mほど。
残念ながら上部は見ることができません。かつてはこの滝も直接海に落ちていたと想像できますが、今では道路(国道334号)が海岸側に走っています。
 
滝壺の上に旧道の橋が架かっているのでその橋上から2段分だけ見上げることが可能です。駐車場もあり、ドライブ途中の寄り道にもピッタリでしょう。
 
オショコマナイ川はアイヌ語で、オ(o=川尻・河口)・ショ(sho=滝/fall)・カ(Ka=上)・オマ(oma=にある)・ナイ(nay/river)=川尻の岩盤の上にある川の意。まさにその通りのイメージで、中世(アイヌ文化は本州の鎌倉時代頃に生まれたものでそれ以前はオホーツク文化です)からこのままの風景であったことがよくわかります。
 
 

 

旅ソムリエ板倉あつし&酒井正人がすすめる知床・羅臼の宿は
■羅臼の宿まるみ
羅臼の宿まるみのホームページから予約をするならコチラ
楽天トラベルで予約をするならコチラ
iconじゃらんnetで予約をするならコチラiconYahoo!トラベルで予約をするならコチラ
JTBで予約をするならコチラ

旅ソムリエ板倉あつし&酒井正人がすすめる知床・ウトロの宿は
ウトロ温泉知床グランドホテル北こぶし
楽天トラベルで予約をするならコチラ
iconじゃらんnetで予約をするならコチラiconYahoo!トラベルで予約をするならコチラ
JTBで予約をするならコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!